なかなか上達しない人に|聞く力と書く力を英会話教室で学ぶ|目的に合わせたスクールを選択

聞く力と書く力を英会話教室で学ぶ|目的に合わせたスクールを選択

なかなか上達しない人に

CD

中級者以上に高い学習効果

どの分野の学習でも同様ですが、特に語学の分野では上達力に個人差があって、上達が早い人もいればそうでない人もいます。何年も英会話を習っていてなかなか上達しないと、途中で学習するのが嫌になってしまいがちです。そのような場合は必ずしも学習能力に問題があるとは限らず、むしろ学習方法や教材が自分に合っていなかった可能性もあります。英語の学習においては英単語や文法といった基礎から学ぶのが普通ですが、そのような方法で知識を身につけただけでは英会話力を高めることはできません。そうした知識が脳のブローカ野と結びつき、英語を話す能力の獲得というプロセスを経ることで初めて英会話力を上達させることができるのです。英語圏に育った子供が日常会話の能力を獲得する際には、必ずしも単語や文法の学習を必要としているわけではありません。年長者の会話を耳で聴くことによって言語を理解し、自分でも同様に話せる能力を身につけていくのです。スピードラーニングと呼ばれる学習法は、同じプロセスを英会話の学習にも取り入れた方法です。英会話を習っていながらなかなか上達しない中級者以上の人で特に学習効果が見られることから高い評価を得ています。

アメリカ文化にも親しめる

英単語や文法に関する知識は十分に持っているはずなのに英会話がなかなか上達しないのは、英語特有の発音や会話の流れに慣れていないことも一因です。発音の違いは日本人が英会話を学習する際の最も大きな壁となっており、これを乗り越えるだけで上達するきっかけをつかむことができます。スピードラーニングは教材の英語を聞き流しながら英語特有の発音に耳を慣らし、結果的に英会話力の向上へと結びつけるのが狙いです。そうすることで知識だけの英語が運動性言語中枢と関わり合うようになるため、自分でも英語を話せるように脳が適応していくのです。スピードラーニングの高い評価は、脳のこのような発達プロセスを促す優れた効果に由来します。スピードラーニングの教材で取り上げられている英語の会話には、アメリカの歴史や宗教・文化に関する話題も豊富に含まれています。英会話の学習では日本文化との違いに戸惑うことも少なくありませんが、学習を通じてアメリカ文化に親しめる点もスピードラーニングの高い評価につながっています。そうした評価はある程度英会話を学んできた人ほど高い傾向も見られ、耳から入る学習法で得られる効果の高さが窺えるのです。